menu

スペースキューブ一級建築士事務所

WORKS

TAKEDATSU CLINIC / Other
医院の老朽化のため新規移転となった医院の計画です。敷地は交通量の多いバイパスと小道に面しており、車の動線を考慮した上で出入口をそれぞれの道路に分けて計画し、建物までの歩行者専用通路を設けました。また、建物の配置はバイパス道路から距離を取り、喧噪を感じることのない落ちついた環境としました。
建物は近隣の住戸に配慮し、高さを抑えた大小の箱型が重なり合うシンプルな形状として計画を行い、小さな箱に大きな箱へのアプローチとしての機能を持たせて、患者を視覚的に向かい入れるようにデザインしました。医院には内科と美容外来という二つの診療科があり、それぞれが独立した空間で構成され、共有の玄関となるアプローチは、待合としても利用できるようインナーテラスのようなオープンな空間としました。
内部は、内科および美容の各スタッフの移動がコンパクトになるようにプランニングを行い、内科にはプライマリ・ケアも担う地域密着型の医院に必要な機能を備えた各室を合理的に配置し、スタッフの効率的な動線を確保しました。インテリアは幅広い層が親しみやすく温もりが感じられる空間作りに努めました。一方、美容外来は、間接照明の柔らかな光やシックな雰囲気をつくることでリラックスしてくつろげる空間を演出しました。
所在地:福岡県久留米市 / 主要用途:診療所 / 構造:木造 / 規模:地上2階 / 施工:株式会社駅前工務店 / 竣工:2022年

works top

ページトップへ